閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル ベースメタル レアメタル
2016年12月19日 シドニー 矢島太郎

豪:Independence Group社、WA州Novaニッケル・銅・コバルト鉱山のニッケル精鉱を初出荷

2016年12月12日、Independence Group社(Independence社)は権益100%を保有しているWA州Novaニッケル・銅・コバルト鉱山のニッケル精鉱を初出荷したことを発表した。精鉱はBHP Billiton(BHPB)がWA州Kambaldaで操業するNickel Westの製錬施設へ輸送される。Independence社はニッケル精鉱に関する3年間のオフテイク契約をBHPB及びGlencoreとそれぞれ締結しており、さらに銅精鉱に関する3年間のオフテイク契約をTrafigura社と締結している。同鉱山はニッケル26,000t/y、銅11,500t/y、コバルト850t/yを10年間のマインライフで生産する計画である。

資源アナリストは2016年12月以降、ニッケル価格が11,000US$/tを超え、今後も価格の上昇は続くと予想している。ニッケル価格は2016年1月から30%以上値上がりしている。地元各紙は、2012年7月に発見されたNova鉱床が4年間で鉱山開発され、ニッケル価格の回復期に精鉱の出荷を開始できるのは幸運に恵まれていると報じている。

ページトップへ