閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト 亜鉛
2017年1月18日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:El Boleo多金属プロジェクトの2016年生産量、当初計画を大きく下回る

2017年1月13日付け業界紙によると、Baja California Sur州のEl Boleo多金属プロジェクト(加Baja Mining 70%、韓国企業団30%の権益保有)の2016年カソード銅生産量は14,284tとなり、2015年の生産量を上回るも当初計画22,574tを大きく下回る結果となった。

同鉱山は、これまで資金繰り、操業プロセス等において多くの問題を抱えており、2016年の生産量が計画を下回った要因としては、ハリケーンNewtonによる予期しない処理プラント停止、品位が予想を下回ったこと等が上げられる。また、同鉱山では、コバルトと硫酸亜鉛の商業生産も開始しており、2016年の生産量はコバルトが419t、硫酸亜鉛が1,444tとなった。2017年の生産計画では、カソード銅生産量を2016年比2倍増となる30,000tと予測している。また、2017年の投資額は45百万US$と見込んでおり、採掘機械の新規購入、尾鉱(ズリ)管理施設拡張等をメインとしている。

ページトップへ