閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2017年2月16日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Zacatecas州が創設した環境税、Madero亜鉛鉱山の今後の操業に影響

2017年2月13日付け業界紙によると、メキシコ鉱業組合はZacatecas州政府が創設した環境税に対する異議申立の動きがあることを明らかにした。nFresnillo社は既にアクションを開始しており、同社関係者は、2017年の支払額は4~7百万US$になり、同税制創設は今後、同社がZacatecas州に保有するMadero亜鉛鉱山の操業に暗い影を落とす可能性がある旨述べている。また、非公式ではあるがPeñoles社関係者は、同税制により同鉱山の継続的な操業は難しくなり、操業を停止する可能性があると述べている。
これに対し、Alejandro Tello同州知事は、同税制創設による効果、特に、同州の負債削減、州立大学、税制サービスの面で大きな貢献を果たすと同制度の有用性を強調している。

ページトップへ