閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 マンガン
2017年2月17日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Buenaventura社、2017年に4プロジェクトのエンジニアリング設計を計画

2017年2月15日付け地元紙によると、2017年1月にBuenaventura社(本社リマ)CEOに就任したVíctor Gobitz氏は、2017年に4プロジェクトのエンジニアリング設計を計画していると述べた。同氏は、金・銀・銅の市場価格の回復に応じ、今後数か月中に、San Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)、Yumpag銀プロジェクト(Lima州)、Trapiche銅プロジェクト(Apurímac州)、Marcapunta Norte銅プロジェクト(Pasco州)のエンジニアリング設計を開始することを明らかにした。nSNL社データによる2014年末時点のSan Gabriel金プロジェクトの鉱物資源量は、12.2百万t(金品位6.4g/t、銀品位8.1g/t)。Yumpag銀プロジェクトは、Buenaventura社のUchucchacua鉱山(Lima州)から約5㎞にあるエピサーマル型鉱床で、2015年末時点の鉱量は63万t(銀品位818g/t、鉛品位0.5%、亜鉛品位1.3%、マンガン品位19.3%)と見積もられている。nSNL社データによる2014年末時点のTrapiche銅プロジェクトの鉱物資源量は925百万t(銅平均品位0.39%、モリブデン平均品位0.011%)。Buenaventura社資料によるMarcapunta Norte銅プロジェクトの概測鉱物資源量は、硫化鉱154.5百万t(銅品位1.64%、金品位0.59g/t、銀品位20g/t)及び酸化鉱15.1百万t(金品位1.9g/t、銀品位59g/t)とされているものの、砒素含有量の多い高硫化型エピサーマル鉱床として知られている。

ページトップへ