閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン 亜鉛 鉄鉱石
2017年2月17日 リマ 迫田昌敏

ペルー:2016年12月の鉱産物生産量

 2017年2月15日、エネルギー鉱山省鉱業総局は、2016年12月の鉱産物生産量を発表し、2016年通年では、銅、銀、鉄、モリブデンにおいて、これまでで最大の生産量を記録したことを報告した。
 銅は、前年比38.4%増の235万tとなり、2年連続の記録更新となった。Las Bambas鉱山、Constancia鉱山、Toromocho鉱山、Cerro Verde鉱山などの生産開始や拡張工事の完成などが寄与した。州別では、Cerro Verde鉱山のおかげで、Arequipa州がÁncash州を抜いてトップの524千tを生産した。鉱山別では、第1位Cerro Verde鉱山522,134t、第2位Antamina鉱山443,265t、第3位Las Bambas鉱山329,368t、第4位Antapaccay鉱山221,399t、第5位Cuajone鉱山174,918t、第6位Toromocho鉱山168,376t、第7位Toquepala鉱山137,941t、第8位Constancia鉱山133,439tの順。
 銀は、前年比6.7%増の4.4千tとなった。Junín州、Áncash州及びLima州の国内中央部での多金属鉱山での増産が寄与した。州別生産量では、Junín州が881tを生産し、トップだった。
 鉄鉱石は、前年比4.7%増の7.7百万tとなった。国内唯一の鉄鉱石生産者Shougang Hierro-Peru SA社のMarcona鉱山(Ica州)が増産した。
 モリブデンは、前年比27.8%増の26千tとなり、2年連続の記録更新となった。国内南部の大規模銅鉱山の増産による。
 長期低落傾向の金は、Hochschild Mining社とTahoe Resources社が新規プロジェクトで増産したことから、前年比4.2%増の153tとやや回復した。州別では43.9tを生産したLa Libertad州がトップだった。

鉱種 単位 12月 1~12月
2015 2016 増減
2016/2015
2015 2016 増減
2016/2015
(t) 186,450 211,272 13.31% 1,700,817 2,353,859 38.40%
(g) 12,353,613 13,017,456 5.37% 146,822,907 153,005,603 4.21%
亜鉛 (t) 116,778 120,239 2.96% 1,421,218 1,336,835 -5.94%
(㎏) 406,288 360,041 -11.38% 4,101,568 4,374,356 6.65%
(t) 30,338 26,142 -13.83% 315,525 314,174 -0.43%
(t) 477,582 583,264 22.13% 7,320,807 7,663,124 4.68%
(t) 1,841 1,679 -8.76% 19,511 18,789 -3.70%
モリブデン (t) 1,867 2,249 20.41% 20,153 25,757 27.80%
タングステン (t) 13 0 -99.98% 139 0 -99.97%
ページトップへ