閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2017年2月24日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Volcan社、2016年決算は黒字回復

2017年2月21日付け地元紙によると、ペルー最大の亜鉛・銀生産者Volcan社(本社リマ)は、金属価格の回復とコスト削減により、2016年決算が黒字回復した。2016年損益は、前年の454百万US$の赤字から一転、84.4百万US$の利益を計上した。
売上高は、ヘッジ調整後、前年の795百万US$から3.2%増の822百万US$だった。鉱石処理コストは、前年の53.70US$/tから7.9%減の49.50US$/tに低下、管理コストは6.2%減、販売コストも20.8%減、設備投資額も、合計投資額1,000百万US$の酸化銀プロジェクト(Pasco州)とAlpamarcaプロジェクト(Junín州)の終了により、29.6%減の123百万US$だった。探査費は13.2百万US$だった。
同社の2016年亜鉛生産量は前年(284.9千t)比4.1%減の273.4千t、鉛生産量は前年(59.6千t)比12.3%減の52.2千t、銀生産量は前年(24.8百万oz)比11.4%減の22百万oz(約684t)だった。この減産は、Cerro de Pasco鉱山(Pasco州)露天掘りの閉鎖、およびYauliユニット(Junín州)とChungarユニット(Pasco州)での鉱石品位の低下による。銅生産量は前年(4.3千t)比20%増の5.8千t、金生産量は前年(5.3千oz)比9.6%増の5.8千oz(約180㎏)だった。
同社の2017年の生産目標は、亜鉛265~275千t、鉛45~50千t、銀18~19百万oz(約560~591t)、銅3~4千t、金4.0~4,8千oz(約124~149㎏)。同社では、2017年に、ボーリング調査延べ200千m以上を計画している。

ページトップへ