閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年3月10日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Hochschild Mining社、2016年決算発表

2017年3月8日、Hochschild Mining社(本社ロンドン、リマベース)は、2016年の予備的決算を公表した。同社プレスリリースによると、2015年の234.6百万US$の損失から、2016年は45.6百万US$の黒字に業績が回復した。2016年の売上高は、貴金属価格の上昇と生産増により、2015年の469.1百万US$から、688.2百万US$へ47%増加した。
同社によると、2017年の生産見通しとして、目標生産金属量37.0百万銀相当oz、全社AISCコスト12.2~12.7US$/銀相当oz、Inmaculada鉱山(Ayacucho州)のAISCコスト9.0~9.5US$/銀相当ozを示した。また、同社では、Pallancata鉱山(Ayacucho州)Pablo脈とその周囲のインフラ開発のための20百万US$やInmaculada鉱山の廃さいダム拡張工事のための15百万US$を含む120~130百万US$を設備購入に投資する計画である。さらに、同社CEOのRamón Barúa氏は、2017年にAzuca金銀プロジェクト(Cusco州)でボーリング調査を予定する一方で、Crespo金銀プロジェクト(Cusco州)の進展については消極的な姿勢を明らかにした。

ページトップへ