閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2017年4月11日 シドニー 矢島太郎

豪:Neometals社、WA州Mt Marionリチウム鉱山の自社権益売却の意向

2017年4月7日、Neometals社はWA州Mt Marionリチウム鉱山の自社権益売却の意向を発表した。Neometals社はMineral Resources社と中国リチウム生産企業Ganfeng Lithium社(Ganfeng社)との3社JVにより同鉱山の操業を行っており、3社の権益はそれぞれMineral Resources社43.1%、Ganfeng社43.1%、Neometals社13.8%である。nNeometals社は所有する13.8%の権益を96mUS$で売却する方針であり、現在Mineral Resources社とGanfeng社に対して書面で30日の期間内に権益を購入するオプション権(第一先買権)を行使するか判断を求めている。両社がオプション権を行使する場合、それぞれが6.9%の権益を取得し、1社のみがオプション権を行使する場合はその企業が13.8%の権益を取得する。両社ともオプション権を行使しない場合、Neometals社は第三者に権益を売却する。nNeometals社はJVから離脱し、今後その他の事業に投資を行う予定である。Mt Marionリチウム鉱山は2017年2月にリチウム精鉱1.5万tを初出荷しており、リチウム精鉱を年間28万t生産する計画である。

ページトップへ