閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2017年4月17日 シドニー 矢島太郎

豪:Kidman Resources社、WA州Earl Greyリチウム鉱床に隣接する2つの鉱区を購入

 2017年2月28日、Kidman Resources社(Kidman社)は、100%の権益を所有するWA州Earl Greyリチウム鉱床の東側に隣接するWestern Areas社の2つの探鉱鉱区を購入したことを発表した。Kidman社はMt Holland金鉱山を含むエリアの探鉱鉱区を取得し、2016年7月にEarl Grey金鉱床下部のEarl Greyペグマタイト中に顕著なリチウムの鉱化作用を発見した。同ペグマタイト中にはリチウムの鉱化(最大1.75%Li2O)が85.7mにわたって認められ、リチウム鉱床が東側に隣接する鉱区に延長することが期待されている。
 Kidman社は購入の対価としてWestern Areas社に対して600万A$相当のKidman社株及び将来生産されるリチウムから得られる収入の1.5%をロイヤルティとして支払う。さらに、Kidman社は今後2つの鉱区からJORC規定に準じて算出される鉱石埋蔵量に対して150A$/tの費用をWestern Areas社に支払う。Kidman社はさらにWestern Areas社の他の鉱区についても、リチウムに関する権利を取得するための協議を実施している。

ページトップへ