閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類 スカンジウム
2017年5月2日 モスクワ 黒須利彦

ロシア:Dalur社、スカンジウム随伴生産プラントの建設・据付工事が完了

2017年4月25日付の地元報道等によると、Dalur社(クルガン州ウクシャンスコエ村、国営企業Rosatom社の鉱業部門傘下)の中核的な生産拠点において、スカンジウム随伴生産プラントの建設・据付工事が完了し、パイロットプラントの試運転がスタートした。完成品(酸化スカンジウム)の初生産は2017年6月を予定している。このウラン生産企業の貴液によるスカンジウム随伴生産プロジェクトは、Rosatom社の決定に基づき実施されている。
Dalur社のスカンジウム・プロジェクトの責任者は、「ウランとスカンジウムを含む貴液が水中ポンプで操業区画から汲み出され、吸着セクションに送られる。最初にウランの吸着回収を行い、その後貴液はスカンジウム回収に回される。放射性核種、鉄、ケイ素を混入させずにスカンジウム精鉱を生産するため、特殊な吸着剤とその再生方法が選ばれた。溶剤精製は純度99.9%の酸化スカンジウムを生産するのに役立つ」と述べている。
試運転終了後は、酸化スカンジウム年産1.5tを予定しており、これはアルミニウム・スカンジウム母合金(特に航空・宇宙産業向け)53tの生産用原料となる。

ページトップへ