閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2017年5月12日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:商業レベル炭酸リチウム製造プラント建設関心表明公募の再コール

2017年5月10~11日付け地元紙によると、Rafael Alarcónエネルギー大臣は、2017年4月に公表された、ウユニ塩湖の商業レベル炭酸リチウム製造プラント(年産リチウム50,000t)建設へ関心を示した25企業からの提案の無効を宣言し、新規に関心表明の再提案を受け付けることを発表した。無効宣言の理由は、いずれの提案も仕様を満たしていないことだとされている。再度の関心表明の提出期限は5月25日とされている。
当初、関心を示した25企業は、中国企業7社、ドイツ企業3社、スペイン企業3社、英国企業2社、韓国企業1社、米国企業1社、ロシア企業1社、メキシコ企業1社、ペルー企業1社、外国企業とのコンソーシアムを組んだボリビア企業5社であったと発表されている。

ページトップへ