閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年7月20日 シドニー 吉川竜太

豪:Emmerson Resources社、NT準州で少なくとも10年ぶりとなる新規のAu鉱山を開山

2017年7月13日、豪Emmerson Resources社は7月13日にNT準州でEdna Beryl Au鉱山の操業が新規に開始されると発表した。同鉱山はEmmerson Resources社が保有する鉱区内に位置し、操業はEmmerson Resources社とロイヤルティ契約を締結したEdna Beryl Mining社がごく小規模な体制で実施し、平均Au品位40g/tの鉱石600tを地表近くから採掘する。地元メディアによると、Edna Beryl鉱山はNT準州で少なくとも10年ぶりとなる新規のAu鉱山であり、13日にはNT準州の一次産業資源大臣が出席して開山式を行った。
同鉱山が所在するTennant Creekでは現在、NT準州がAu処理プラントの企業化調査を実施中であり、もしAu処理プラントが建設されれば、Tennant Creek周辺に所在する小規模なAu鉱床から生産が開始されることが期待されており、Emmerson Resources社も保有鉱区内でのAu探鉱を継続して実施している。

ページトップへ