閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年7月20日 メキシコ 森元英樹

グアテマラ:加Tahoe Resources社、鉱山の拡張延期、株主配当の中止等の措置を検討

2017年7月14日付け業界紙によると、加Tahoe Resources社幹部は、グアテマラ最高裁判所が反鉱山組織「Centro de Accion Legal Ambiental y Social de Guatemala」の訴えに対し、同社が保有するEscobal鉱山、及びJuan Bosco鉱山の鉱業権の停止命令を下したことを受け、コスト削減、及び現金及び現金同等物の増加を示唆したことが明らかになった。結果、同社がペルーに保有するプロジェクトの拡張作業は遅れ、探鉱費の削減、そして株主配当の取り止めなどの措置が選択オプションとして上がっている。同幹部は、同社のフリーキャッシュフローは60%がEscobal鉱山からのものであり、既に会社の裁量により削減が可能なものについては削減措置を講じていると説明している。

ページトップへ