閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2017年8月2日 モスクワ 黒須利彦

カザフスタン:Maksut銅ニッケル鉱床の選鉱プラントが操業を開始

2017年7月24日付の地元報道等によると、Maksut銅ニッケル鉱床(東カザフスタン州)の選鉱プラントは、2017年7月、拡張後の本格的な操業を開始し、鉱石年産能力は20万tから40万tに拡大した。プラント拡張の投資額は8億4,300万KZT(カザフスタン・テンゲ)、新規設備購入額は3億5,600万KZTとなった。2019~2020年には鉱石年産能力140万tへの拡大を予定している。
Maksut鉱床は、中規模鉱床であり、埋蔵量は銅10万4,000t、ニッケル8万3,000tである。ライセンス・エリア内にさらに2つの有望鉱区があり、調査済み鉱区に類似する磁気異常の接触変成が発見されているため、鉱床の埋蔵量が大幅に増加する可能性があるとされている。

ページトップへ