閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2017年8月31日 リマ 栗原健一

ボリビア:モラレス大統領、リチウムカソード材料パイロットプラント開所式で900mUS$の投資を保証

2017年8月23日付け地元各紙によると、同日、モラレス大統領は、Potosí県Llokalla市La Palcaのリチウムカソード材料のパイロットプラントの開所式に出席した。式典で、モラレス大統領は、このプラントによりリチウム産業化プロジェクトが進むとして、産業化のための900mUS$の投資を保証した。
エネルギー省によれば、このプラントでは、リチウム電池製造の主要な構成要素であるリチウムマンガン酸化物を100時間毎に最低1.2kg、酸化ニッケル-マンガン-コバルトリチウムを100時間毎に1kg生産する予定である。
ボリビアリチウム鉱床公社(Empresa Estatal de Yacimientos de Litio de Bolivia、YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は、このプラントによって、ボリビアでの実験レベルのリチウム産業化が完結するとした。このプラントは、フランス企業ECM Green Techが、フランス原子力エネルギー委員会と電気化学及び電池の分野で協力して、14か月の期間と中央銀行の融資26百万ボリビアノ(3.74mUS$)を利用して建設された。

ページトップへ