閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル リチウム
2017年9月5日 シドニー 吉川竜太

豪:Poseidon Nickel社、Kidman Resources社との契約終了を受け、WA州Lake Johnston選鉱所でNiとLi両方の選鉱を検討

 豪Poseidon Nickel社は2017年8月31日、Poseidon Nickel社がWA州で操業するLake Johnston選鉱所の選鉱施設と装備を豪Kidman Resources社がリースする権利を同社が行使しないとの通知があったことを明らかにした。WA州でMt Holland Liプロジェクトを推進するKidman Resources社は、2017年7月にチリのSQM社とJV契約を締結する以前の選択肢として、Mt Hollandで採掘されたLi鉱石をLake Johnston選鉱所で処理することを計画しており、2016年11月にPoseidon Nickel社とLake Johnston選鉱所のリース契約を締結していた。Poseidon Nickel社の会長であるChris Indermaur氏は、Kidman Resources社とのリース契約締結は、Ni価格下落時に確実なキャッシュフローを得るための戦略的決定であり、Ni市場の最近の回復を好機としてNi鉱石処理の再開を検討しているところである。また、Kidman Resources社との契約期間中に販売可能なリシア輝石精鉱生産のためのノウハウを積むことができたのも同社にとって大きく、Kidman Resources社との契約終了に伴い守秘情報の保有権はPoseidon Nickel社に移ることから、Poseidon Nickel社の鉱区内に存在するLiペグマタイトの探鉱を実施すると共に、Lake Johnston選鉱所においてNiとLiの両方の選鉱を実施するための研究を実施するため、第三者と協力することも検討する、と語ったことが報告されている。

ページトップへ