閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年9月6日 シドニー 吉川竜太

豪:Turnbull政権、100mA$に及ぶ探鉱企業への税控除政策を発表

 2017年9月2日付の地元メディアは、豪Turnbull政権が豪国内の初期探鉱を促進して新しい資源の発見に努めることを目的に、探鉱会社を対象とした100mA$に及ぶ減税政策を今後4年間実施することを発表したと報じた。現在、豪連邦政府は探鉱開発促進(Exploration Development Incentive)政策を実施しているが、それに代わる新しい政策として「ジュニア探鉱税控除(Junior Mineral Exploration Tax Credit)」を導入し、将来の資源業界において重要な新しい資源の発見に向けた、探鉱企業による探査活動への投資促進とリスク低減を目指す。豪鉱業探鉱協会は9月2日付の声明で、ターンブル政権による同政策は先見性に富むものであり、豪州経済の将来にとっても重要なものであるとコメントしている。

ページトップへ