閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年9月6日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:銀の高品位プロジェクトが継続

 2017年8月30日付け業界紙によると、ここ数ヶ月間において高品位の銀を捕捉した既存鉱山及びプロジェクトが存在する。中には、1,000g/tを超える鉱化を捕捉した鉱山も存在する。概要は以下のとおり。

  1. 既存鉱山ボーリング探査
    • 加Endeavour Silver社:8月、同社がDurango州に保有するGuanaceví金銀鉱山のSanta Cruz脈の延長に沿って高品位の鉱化延伸調査を進めるとともに、同鉱山のLa Negra脈において行ったボーリング調査において新たな鉱化を捕捉した。同調査結果では、着鉱幅3.4m、平均品位:Ag 786g/t、Au 0.71g/t、同0.3m、平均品位:Ag 2,260g/t、Au 1.73g/tを捕捉した。
    • 加Sierra Metals社:8月、同社がChihuahua州に保有するCusi多金属鉱山において着鉱幅13.8m、平均品位:Ag 465g/tを捕捉した。
    • 加Great Panther Silver社:同社がGuanajuato州に保有するSan Ignacio金銀鉱山において着鉱幅1.3m、平均品位:Ag 1,059g/t及びAu 16.3g/tを含め、他に3か所でAg 600g/t以上の鉱化を捕捉した。
    • 米Gold Resource社:6月、同社がOaxaca州に保有するArista多金属鉱山において着鉱幅2.33m、平均品位:Ag 453g/t、Au 6.16g/t、Zn 9.29%を含む複数の鉱化を捕捉した。
  2. 高品位の銀を捕捉したボーリング調査
    • 加Almaden Minerals社:8月、同社がPuebla州に保有するTuligtic金銀開発プロジェクトのIxtaca脈北部において着鉱幅10.5m、平均品位:Ag 307g/t、Au 3.54g/t、及びAg 2,600g/t、Au 22.3g/tの鉱化を捕捉した。
    • 加Kootenay Silver社:8月、同社がChihuahua州に保有するLa Cigarra銀プロジェクトのLas Venadas地区において着鉱幅2.5m、平均品位:Ag 435g/t、同1.10m間、Ag 799g/tの鉱化が捕捉された新地域を発見した。
    • 加SilverCrest Metals社:6月、同社がSonora州に保有するLas Chispas金銀プロジェクトのBabicanora脈において着鉱幅1.60m、品位:Ag 437g/t、Au 2.21g/t、同6.60m、平均品位:Ag 328g/t、Au 1.03g/tの鉱化を捕捉した。
  3. サンプリング調査
    • 加Silver Bull Resources社:8月、同社がCoahuila州に保有するSierra Mojada銀プロジェクトのサンプリング調査の結果、品位:Ag 1,315g/t、及び品位:Ag 1,130g/t、Zn 22%、Pb 3.26%、Cu 12.8%を含む新たな高品位硫化鉱鉱化地域がある可能性があると発表した。
    • 加Santana Minerals社:8月、同社がSinaloa州に保有するCuitaboca銀プロジェクトのLa Plata地区のサンプリング調査の結果、品位:Ag 1,995g/t及び362g/tを含めた高品位地域が広がりの可能性を発表した。
    • 加Harvest Gold社:6月、加Evrim Resouces社が保有するCerro Cascarónプロジェクトの買収権(80%)を有するHarvest Gold社は、同プロジェクトのサンプリング調査の結果、品位:Ag 1,170g/t、Au、Znを含む高品位地域がある可能性を示唆した。
ページトップへ