閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年9月7日 リマ 栗原健一

ペルー:Buenaventura社、El Brocal社の銅生産能力増強とSan Gabrielプロジェクトの見通し

 2017年9月4日付け地元紙によると、Buenaventura社のBenaveides副社長は、同社子会社のEl Brocal社によるPasco州における銅生産について、粗鉱処理能力を現在の16,000t/日から20,000t/日へと増加していく方針を示した。
 また、現時点で18,000t/日の処理能力を達成していなければならないものの、ミルに発生した問題により生産目標に達していないことを明らかにするとともに、当面は非常用のミルを利用しつつ、年末には問題を解決したいとコメントした。さらに、現在拡張プロジェクトを実施しており、銅生産量は現在の50,000tから50%増加し、2018年には約80,000tを生産するとの見通しを示した。
 一方、2017年にEIAが承認されたSan Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)については、土地に関する交渉やエンジニアリング設計を実施中で、2018年半ばにもFSを完了し、開発決定を行いたいとの考えを示した。San Gabriel金プロジェクトは投資額400百万US$、粗鉱処理量は3,000t/日、金の年間生産量は150,000~200,000oz(約4.7t~6.2t)となる見込みとなっている。

ページトップへ