閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年9月12日 シドニー 吉川竜太

豪:2017年4~6月期の探鉱支出額、前期と比較して6.6%の増加

 2017年9月4日付のメディアは、豪統計局の統計結果に基づいた2017年4~6月期の探鉱支出額が堅調に回復しており、前期と比較して6.6%増の428.8mA$となったと報じている。増額分26.4mA$のうち17.4mA$はWA州が占めており、探鉱支出額の回復にWA州での探鉱支出額が貢献していると説明している。2017年4~6月期の試錐総掘進量も、前期比で6.9%、前年同期比で27%の増加となっている。豪鉱業探鉱企業協会は4日声明を出し、鉱物資源探鉱費の内訳ではベースメタル探鉱費が前年同期と比較して76%の伸びとなっているが、鉱物資源探査費の70%がいまだ既存鉱床の周辺探鉱に費やされており、鉱業の将来のためには、初期探鉱への投資がさらに必要である、とコメントしている。

ページトップへ