閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年9月13日 シドニー 吉川竜太

豪:QLD州政府、鉱山操業における安全と健康対策強化のための法改正を実施

 2017年9月7日付の地元メディア報道によると、豪QLD州政府の天然資源鉱山大臣であるAnthony Lynham氏は同日、QLD州政府が議会に提出した鉱山保安法改正法案は、鉱山操業における安全と健康問題に対して同政府が更なる保証を与えるものであると語った、と報じられている。同氏によると、同改正法案はQLD州の鉱山で働く鉱山労働者が、毎日安全に自宅に帰れる権利を政府は保証せねばならず、鉱山会社が労働者の安全と健康に対する義務を順守しなかった場合、最大約126kA$の制裁金を課されることとなる、と語った。同法案はまた、鉱山査察官の現在の権限を強化し、鉱山操業の査察や監査を実施し、鉱山操業の停止を命じることも可能とするほか、石炭の坑内採掘に関してもいくつかの安全規制強化案を含んでいるとのことである。

ページトップへ