閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2017年9月14日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:Peñoles社、亜鉛選鉱プラント拡張工事は2018年1月に完了予定

 2017年9月4日付け地元紙によると、墨Peñoles社は、同社がCoahuila州Torreón市に保有する亜鉛選鉱プラントの拡張工事を2018年1月末に完了させ、運転を開始する予定であることを明らかにした。本工事に係る投資額は300mUS$で、期間は約2年を要した。本拡張により現在の従業員1,500人に加え新たに200人の雇用が見込まれる。同社幹部によると、新プラント操業後の粗鉱処理量は現在の120百万t/年から240百万t/年に倍増する。また、経済効果は800百万ペソに上ると強調した。また、同幹部は、NAFTA協定にも触れており、同社輸出の60%は米国向けであるが、米国は、同社が生産する一次産品が不足しており、仮に米国がNAFITAを離脱しても輸出面においてPeñoles社への影響はないとみている。更に、現在はアジア、ヨーロッパ、中南米向け輸出も行なっており、米国に対する輸出が途切れることとなったとしても、他の輸出国を探すことになると述べた。

ページトップへ