閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年9月21日 シドニー 吉川竜太

豪:鉱物資源探査AI開発ベンチャー企業に、豪州の2大ITベンチャーキャピタルが出資

 2017年9月4日付の地元メディアは、シドニー大学博士課程の学生が設立した、鉱物資源探査のためのAI開発ベンチャー企業が、豪州の2大ITベンチャーキャピタルであるAirtree社とBlackbird Ventures社から50万A$の出資を受けていることを報じている。本事業は2016年11月に開始されたにも関らず、既に40社以上のASX上場探鉱ジュニア企業がトライアル或いは正規契約を同社と締結している。「Earth AI」と名付けられたシステムは、オンライン上の鉱物資源探査データ処理のための機械学習搭載型プラットフォームで構成され、衛星画像、物理探査、地化学探査のデータに基づいて地質図を自動作成し、有望エリアを抽出することが可能である。同社創設者でCEOのRoman Teslyuk氏はメディアに対し、毎年地質技師が数百万もの新しいデータを生成するのに対し、物理的に数百程度のデータしか処理されず、殆どのデータは利用されていないが、Earth AIは全ての利用可能なデータを有効利用し、神経回路網的ネットワークを最大限利用して、地質技師が解析可能な客観データを提供することが可能となる、と語った。

ページトップへ