閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ
2017年9月21日 ロンドン ザボロフスキ真幸

南ア:Lonmin社、社会労働計画の不履行により、鉱業ライセンスが一時停止になる可能性有

 2017年9月15日付のメディア報道によると、南ア鉱物資源省はLonmin社に対して鉱物・石油資源開発法(MPRDA)の第93項に基づいて、現地コミュニティの社会労働計画を準拠するように最終期限を設け、不履行の場合は鉱業ライセンスを一時停止するリスクがある。これに対し、Lonminは、鉱物資源省に対し期限の延期を要求する。また、持続的なコミュニティプログラムを保証するために、鉱物資源省との関与を更に深めていく。Centre for Applied Legal Studiesが3月に発行したレポートによると、政府の要求する社会労働計画は鉱区のあるコミュニティに対し、雇用、税以外に鉱業を通して恩恵を受けることを確かにするものであるが、実態はコミュニティメンバーからの意見が取り入れられることは滅多に無い。

ページトップへ