閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2017年9月21日 ロンドン ザボロフスキ真幸

英:ロンドンタクシーのEV化により、ウェールズでアルミニウム素材工場が再稼働

 ノルウェーSapa社は、ウェールズ政府と共に960万ポンドを投資し、ウェールズBedwasのアルミニウム素材工場を再稼働させると発表した。ロンドンのタクシー(Black Cab)のメーカーであるLondon Electric Vehicle社といった自動車メーカーへアルミニウムを供給するためだという。London Electric Vehicle社はアルミニウムの使用により軽量化したEVタクシーの製造のため、4億US$を投資している。Sapa社によると、アルミニウム工場再稼働により、今後5年間で約130人の雇用が創出される可能性がある。原材料の調達はスペインからとなり、生産開始は2017年末を予定、今後5年で徐々に生産増加していく。Sapa社は、Brexitによる輸出関税が増加するリスクがある一方、同社はLondon Electric Vehicle社及びその他の英自動車メーカーといった長期的な英国内の顧客がいるならば、アルミニウム工場を再開し、強化させるとした。また、短・中期的なBrexitによる影響は無いだろうとしている。

ページトップへ