閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年9月27日 リマ 栗原健一

ペルー:Toquepala銅鉱山の新選鉱プラント操業開始、2018年5月に延期

 2017年9月22日付け地元紙によると、Southern Copper社のCueto購買・契約部長は、2017年末に予定されていたToquepala銅鉱山(Tacna州)の新規選鉱プラントの操業開始が、2018年4月から5月に延期されることを明らかにした。さらに、今後は215.5mUS$を投じてのCuajone銅鉱山(Moquegua州)最適化プロジェクトに注力していく方針を示した。
 一方、Los Chancas銅・モリブデンプロジェクトについては、2018年初頭にEIAを開始する計画を示した。本プロジェクトには1,800mUS$が投資され、銅100,000t、モリブデン4,500tが生産される見通しとなっている。
 さらに、同社のGonzales社長は、2017年11月半ばに予定されているMichiquillay銅プロジェクト(Cajacamarca州)入札への参加を検討中であるとコメントした。

ページトップへ