閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2017年10月17日 シドニー 吉川竜太

アルゼンチン:豪Argosy Minerals社と中国Qingdao社のRinconリチウムプロジェクトの契約を巡る争いについて

 2017年10月11日のメディアは、アルゼンチンのRincon Liプロジェクトを巡る豪Argosy Minerals社と中国Qingdao Qianyun High-tech New Material(Qingdao)社のいざこざ争いを報じている。報道によると、Argosy Minerals社とQingdao社は2017年8月、Argosy Minerals社の19.9%の権益に関する割当増資契約やRinconプロジェクトからのオフテーク契約を含む、総額26.4mA$の契約を締結したが、Qingdao社側が期日までに契約締結の前提条件を満たすことが出来なかったとして、Argosy Minerals社は10月上旬に割当増資契約の破棄を宣言した。これを受けQingdao社は、Rinconプロジェクトから初年度に生産される炭酸リチウムの引き取りを含むオフテーク契約も無効であるとArgosy Minerals社に要求してきた。Argosy Minerals社は10月10日の声明で、オフテーク契約に関しては正式に契約の終了か修正が無い限りは有効であるとの同社の見解を述べた上で、仮に両当事者が合意に至らなかった場合はオフテーク契約に基づいた紛争解決・仲裁へと移行することを想定していると説明している。

ページトップへ