閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン モリブデン
2017年10月18日 北京 関淳夫

中国:厦門(アモイ)タングステン業、福建巨虹合弁企業の設立に3億元を出資予定

 安泰科によれば、タングステン・モリブデン資源を備え、投資リスクを下げるため、厦門(アモイ)タングステン業は、3億元を出資し、福建国有企業改革基金、福建国有企業再編基金、持株主である福建希土社とともに“福建巨虹”または“合弁企業”を設立する予定。登録資本金額は10.5億元である。当該合弁企業は主にタングステン・モリブデン産業チェーン及び関連ニッチ市場に対する株式権益投資を行い、業界の統合を推し進める。株式権益の譲渡や上場等の方法によって投資収益を獲得。福建巨虹社は厦門三虹社の47.4576%権益と江西巨通社13.0332%の株式権益を買収する予定。

ページトップへ