閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年10月20日 ジャカルタ 南博志

フィリピン:大統領府、Lepanto社への操業停止命令を撤回

 2017年10月18日付地元メディアによると、フィリピン鉱業大手・Lepanto Consolidated Mining社は10月16日、Gina Lopez前環境天然資源大臣が発出した操業停止命令の撤回を大統領府から通告されたと発表した。
 これは、同前大臣が今年2月に発出した28社に対する鉱山閉鎖・操業停止命令のうち、撤回された初めてのケースとなる。なお、これら28社のうち同社を含む15社が大統領府に異議を申し立て、13社が環境天然資源省に命令の再考を要請していた。同社は12日付で大統領府から書簡を受け取ったとしており、操業停止の代わりに罰金の支払いを命じられたことを明らかにした。

ページトップへ