閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年10月30日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Telson Resources社、Campo Morado多金属鉱山の操業を再開

 2017年10月23日付け地元紙によると、加Telson Resources社(本社:バンクーバー)は、2017年に20百万US$でNyrstar社から買収し、Telson Resources社が保有することとなったCampo Morado多金属鉱山の操業を再開させた。Telson Resources社は、同鉱山を初期粗鉱処理量1,400t/日でスタートし、6~12ヶ月で2,500t/日にまで上昇させる計画である。同鉱山は、亜鉛価格の下落により操業見直しを進めるとともに、Guerrero州からは鉱山保安上の指導を受けていた。Telson Resources社は、数年以内に同鉱山の高品位鉱床であるG9、El Largo鉱床の開発を進める計画である。

ページトップへ