閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2017年11月1日 リマ 栗原健一

ペルー:OEFA、鉱業プロジェクト11件の環境評価を実施

 2017年10月5日付け地元紙によると、環境評価監査局(OEFA)は、大規模鉱業プロジェクト11件と、電力プロジェクト2件に対する早期の環境評価を実施している。
 OEFAのTorres長官は「ペルーの経済成長を担う全ての鉱業・炭化水素・電力プロジェクトは、社会争議発生の可能性を踏まえたOEFAによる特別な対応が必要とされる」との考えを示し、具体的には地域社会と企業との距離を近づけることを目的として、水資源や土壌、大気、騒音、炭化水素、動植物に関する事前評価を行うほか、影響下地域の住民に対するワークショップの実施や、住民参加型の情報収集の実施や、サンプル分析等を行っていること等を説明した。
 対象となる鉱業プロジェクトは、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)、Las Bambas銅鉱山(Apurimac州)、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)、El Galeno銅プロジェクト(Cajamarca州)、La Granja銅プロジェクト(Cajamarca州)、Corani銀・鉛・亜鉛プロジェクト(Puno州)等で、Las Bambas銅鉱山における早期評価には、1,000人以上が参加した。

ページトップへ