閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年11月2日 ロンドン 吉益英孝

ポルトガル:ILZSGの鉛需給予測、2018年は45千tの供給不足へ

 2017年10月26~27日に、ポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2017年及び2018年の鉛需給予測について協議が行われた。ILZSGは鉛需給バランスについて、2017年は125千tの供給不足、2018年は45千tの供給不足になると予測した。
 供給サイドについては、鉛鉱山生産量は、2017年は中国等の生産増が貢献し、前年比5.6%増の5,060千t、2018年はキューバの鉱山の生産開始等が貢献し、前年比1.1%増の5,110千tと予測した。鉛地金生産量については主に中国の生産増が影響し、2017年は前年比3.7%増の11,580千t、2018年は、前年比1.6%増の11,770千tと推定した。
 需要サイドについては、2017年の鉛地金消費量は中国での電気トライク向けなどの使用量が11.3%増加した影響で、全体では前年比5.0%増の11,150千t。2018年は欧州などの需要は横ばい、一方米国の伸びは1.8%と見られ、全体では前年比0.9%増の11,820千tになると予測した。

ページトップへ