閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2017年11月7日 シドニー 吉川竜太

豪:中国Tianqi Lithium社、WA州Kwinanaで建設中の水酸化リチウム製造工場の生産量倍増計画を承認

 2017年10月29日付の地元メディアによると、WA州パースの南に位置するKwinanaで水酸化Li製造工場の建設を進めている中国Tianqi Lithium社は、工場からの初出荷がまだ一年以上先であるにもかかわらず、300mA$を要する同工場の生産能力を倍増させるための拡張計画を承認した。現在、Kwinanaの水酸化Li製造工場は400mA$を投じた第一期工事が2016年10月から進められており、2018年末までに24kt/yの生産能力を持つ工場が完成する予定である。同工場には、Tianqi Lithium社が51%の権益を保有するWA州Greenbushes鉱山からリシア輝石がLi原料として供給される予定であり、同社は水酸化Li製造能力を48kt/yへと倍増する第二期工事を2020年末までに完了する計画である。

ページトップへ