閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2017年11月14日 ロンドン ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:中国企業、コバルト供給のDRコンゴへの依存緩和を模索

 2017年11月7日付のメディア報道によると、EVバッテリーカソードにおける原材料サプライヤーであるGuangdong Jiana Energy Technology社のWu Lijue会長は、中国はEVバッテリーの重要な原材料であるコバルト供給において、DRコンゴにあまりにも多く依存しているため、安定した供給確保のためにカナダ、豪州でのコバルト上流投資を検討するべきだと言及した。さらに、中国は政策支援及びR&D活動の加速を組み合わせることによってバッテリー原材料供給源確保にかかるコストを削減する必要があると述べた。また、Antaikeコバルト事業のXu Aidong Secretary Generalも同様に中国はコバルトサプライチェーンにおいて新たな経路を開拓すべきだとし、豪州等の他のコバルト生産国への投資増加及びリサイクルの強化を示唆した。DRコンゴへの投資リスクに注目が高まったのは、2017年9月末にDRコンゴ政府が中国系JVであるSicominesに対し未加工の銅及びコバルト輸出を中止するように要請したことによる。

ページトップへ