閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2017年11月14日 シドニー 吉川竜太

豪・チリ:Rio Tinto、チリ肥料・リチウム大手SQM社株式32%の取得に関心

 2017年11月8日のメディアは、Rio Tintoがチリの肥料・リチウム大手企業であるSQM社の株式32%を取得することを検討していると、チリの地元紙が伝えたことを報じている。この権益は加カリウム大手Potash Corporation社が肥料大手のAgrium社と合併を検討するにあたり、保有するSQM社の権益32%を売却することに端を発する。Potash Corporation社はGoldman Sachs 社とBank of America Merrill Lynch社を売却プロセスのコンサルタントととして雇用しており、Rio Tintoは既にプロセスに応札したのではないかと地元紙が伝えている。また、Rio Tinto以外に中国のSinochem社、Tianqi社が本件に関心を抱いていると報じられている。Rio Tintoは、本件に関する問い合わせに対して沈黙を守っているとのことである。

ページトップへ