閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2017年11月14日 シドニー 吉川竜太

ニューカレドニア:Valeが操業するニッケル鉱山の一部権益売却に対する関心へのメディアの論評

 2017年11月8日付のメディアは、Valeが一部権益を売却する意向であるとされるニューカレドニアのニッケル鉱山操業(VNC)に関し、世界有数の高コストNi鉱山であるにもかかわらず買収に興味を持つ企業がいることは驚きである、と報じている。来年フランスからの独立の是非を問う投票が控えているニューカレドニアは世界有数のラテライトNi埋蔵量を誇り、また電気自動車の普及と関係するNi価格が3年間のスランプを経て回復していることがVCN買収に関していくつかの企業の興味を引いているものと考えられるが、Niそのものが他の主要鉱種と比較して技術革新による影響を受けやすいものであり、鉱業投資においては価格がどのように変動するかに注目するのではなく、より低コストで競争力のある案件に投資することが重要である、と論説している。

ページトップへ