閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年11月15日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Torex Gold社、鉱山封鎖活動の影響回避のため鉱山の安全対策を強化

 2017年11月9日付け地元紙によると、加Torex Gold Resources社(本社:トロント)は、Guerrero州に保有するEl Limon‐Guajes金鉱山で発生した、新たな鉱山封鎖活動による生産等への影響を回避するため鉱山の安全対策を講じると発表した。
・同鉱山で発生した封鎖活動は、2016年4月の操業生産開始以降、始めて発生した事件であり、労働組合関係者及び関連支持者による封鎖活動は、既に7日間が経過している。
・同社、唯一の操業鉱山であるEl Limon‐Guajes金鉱山の2017年の生産計画は、金換算10.9~11.8tであったが、同封鎖活動によりプラント稼働率が低下したことから9.3tを下回る可能性がある。なお、これまでの安全対策は、盗難被害を避ける対策・設計であり、今回のような活動に対応できるものでなく、同鉱山は対策を取らざるを得ない。
・メキシコ軍関係者が鉱山を巡回しており、同社は、短期、長期的な安全対策オプションについてメキシコ全国憲兵隊と協議を行っており、同時に刑事告訴の手続きを進めている。

ページトップへ