閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年11月17日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:亜Minera Santa Cruz Silver社Veta Grandeプロジェクト活動停止命令

 2017年11月13日付け地元紙が報じるところによると、亜Minera Santa Cruz Silver社(本社:ブエノスアイレス)は、同社がZacatecas州に保有するVeta Grandeプロジェクト開発における環境ライセンス及び2016年操業許可証等の文書を提出していないとして、連邦環境保護局(Profepa)より活動の一時停止が命じられた。この背景は、Veta Grandeプロジェクトにおいて適切な有害大気汚染物質対策が講じられていないことによる。大気汚染物質排出量の記録もなく、酸性ガス中和装置は稼働しておらず、亜鉛精鉱は屋外で乾燥されていたという。また連邦環境保護局は調査の結果、同社が環境ライセンスや操業許可証、その他必要書類が未提出であることを確認し、同社の不適切な活動は、最高約1.6百万ペソ(約9.3百万円)の罰金に相当する違反であると述べている。活動停止命令の解除条件は、同社が早急な是正措置を取ることであり、詳細が記載された和解合意書が数日中に同社に提出されるという。

ページトップへ