閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2017年11月17日 北京 関淳夫

豪:中国五鉱集団が買収したDugald River亜鉛鉱山、建設完了し生産開始へ

 安泰科によれば、中国五鉱集団公司傘下の五鉱資源有限公司が買収した豪州Dugald River亜鉛鉱山は、正式に建設完了し、生産開始した。精鉱製品を11月8日よりトラックで中継地に発送する。2017年末までに第1期の精鉱を船積みし、出荷する予定。
 Dugald River亜鉛鉱山は、五鉱資源有限公司が所有し、管理している。亜鉛資源量は6,500万tを保有し、亜鉛の平均品位はZn 12%、且つ鉛、銀等副産物が含まれている。世界最大規模、品位が最も高い亜鉛鉱山の一つである。当該プロジェクトは、坑内採掘と通常浮遊選鉱プロセスを取り入れ、年間採掘選鉱の設計規模は170万t、年間亜鉛生産能力17万t以上で、マインライフは25年間以上と設定。稼働後は亜鉛鉱山世界10位に入る見込み。

ページトップへ