閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2017年11月21日 北京 関淳夫

中国:2017年新規鉛鉱山生産供給は期待に及ばず

 安泰科の調査研究によると、鉛亜鉛鉱山の生産能力は内モンゴル、新疆、青海省、甘粛省、雲南省と四川省等で主に増加を見せている。特に内モンゴルの赤峰市、フルンボイル市、シリンゴル盟等既存生産都市が最も増加有望地域である。
 国森鉱業は、品位の低下により、2017年の生産量は期待できない。郭家溝鉱は、2016年試運転以来、生産の進捗状況が遅れており、現在生産を停止状態でいるため、生産量の増加が限られている。興業鉱業は、2017年鉛精鉱生産量はわずか2,500tを予想している。以上の情報から新規プロジェクトによる2017年鉛精鉱増加量を4.65万tに引き下げた。

ページトップへ