閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
チタン バナジウム 鉄鉱石
2017年11月24日 シドニー 吉川竜太

豪:TNG社、NT準州Mt Peakeバナジウム-チタン-鉄鉱石プロジェクトのFSを更新

 2017年11月20日のメディアは、豪TNG社がNT準州で推進しているMt Peake V-Ti-Feプロジェクトに関し、FSが更新されたことにより経済性が良化したと伝えている。Mt Peakeでは2015年にDFSが実施されており、今回TNG社は鉱業コンサル企業のSnowden社に依頼して更新を実施。2015年DFSで970mA$であったCAPEXは583mA$に削減されたものの、割引率8%でのNPVは2015年の4.9bA$から微減した4.7bA$に収まった。今回の更新FSでは鉱山もとで磁鉄鉱の精鉱を生成し、鉄道で輸送された磁鉄鉱精鉱からVとTiを抽出する「TIVAN処理」のプラントをDarwin港の近くに設置するという設計に基づいて計算されており、TIVAN処理プラントでは年間900ktの磁鉄鉱精鉱が40年間以上にわたり処理され、高純度V2O5、TiO2及び鉄鉱石が生産される計画となっている。なお、磁鉄鉱精鉱処理量は年間1.8mtへの拡張が可能で、高純度のTi顔料や銑鉄の生産も行われる計画である。

ページトップへ