閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年11月27日 シドニー 吉川竜太

豪:2016/17年度、QLD州の資源業界が同州経済に対して55.1mA$貢献したことが報告される

 2017年11月21日付のメディア報道は、QLD州資源協会が発表した過去8年間における資源業界の貢献に関する報告書によると、2016/17年度においてQLD州の資源業界は同州経済に対して、55.1bA$に及ぶ貢献と282,633人の正規職に相当する雇用を創出し、ロイヤルティの支払いなどを通じてQLD政府の収入4bA$に貢献したことが判明したと報じている。業界別では、石炭業界が支出の68%を、石油ガス業界が16%を、金属業界が12%を占めている。過去8年間では、資源業界の同州経済への貢献総額は531bA$となり、平均で一年あたり36万人の雇用を支えてきた計算になると報じている。

ページトップへ