閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年11月29日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Orla Mining社、Camino Rojoプロジェクトの迅速化を図る

 2017年11月15日付け業界紙によると、加Orla Mining社(本社:バンクーバー)は、同社がZacatecas州に保有するCamino Rojoプロジェクトの開発工事の迅速化を図ることを明らかにした。同プロジェクトの概要は以下のとおり。
・Goldcorp社のPeñasquito鉱山50kmに位置し、2007年、加Canplats Resources社により発見され、2009年にプレFS調査結果を公表。2010年、Goldcorp社により買収され、本年Orla Mining社が本件を買収した。Goldcorp社は、当初同プロジェクトをPeñasquito鉱山のための余剰分として計画したが、2016年、一連の売却計画の下、Orla Mining社に売却された。
・埋蔵量は、平均品位:Au 0.70g/t及びAg 14.2g/tの確定・推定鉱石埋蔵量75.5百万tに増加している。鉱山寿命10.4年に亘って平均品位:Au 3.8t/年、Ag 28t/年、粗鉱処理量20千t/日により露天掘、ヒープリーチングによる操業が行われる。金属価格、金1,036US$/oz及び銀17.19US$/ozを条件とした内部収益率(IRR)は65.7%である。

ページトップへ