閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年11月29日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:加Santacruz Silver社、Veta Grandeプロジェクト生産再開に向けた動き

 2017年11月20日付け地元紙によると、加Santacruz Silver社(本社:バンクーバー)は、同社がZacatecas州に保有するVeta Grandeプロジェクトの生産を近々再開させるという。同社はVeta Grandeプロジェクト開発に必要な手続き書類を提出していなかったことから、連邦環境保護局(Profepa)より精錬所生産の一時停止が命じられていたが、11月8日付けでProfepaと環境省に全ての書類を提出し終えた。同社幹部によると、提出書類は両機関に受理され、同社は早急な生産再開を望んでいるという。また、活動停止中も精錬所の整備と採掘は継続していたため、鉱石の在庫は十分に確保できている。現在Profepa側は、Santacruz社の子会社Impulsora Minera Santacruz社にVeta Grandeプロジェクトの環境ライセンスを取得することを求めている。

ページトップへ