閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2017年12月5日 北京 関淳夫

ロシア:中国黄金集団社は、ロシア極東開発基金社と共同で投資基金を設置

 安泰科にによれば、ロシア極東開発基金社(Russia’s state-owned Far East Development Fund)は、中国黄金集団公司と共に、ロシアの鉱業開発のため10億US$規模の開発投資ファンドを共同設置する予定である。ロシア極東開発基金社のAlexey Chekunkov総裁の話によると、当該ファンドは2017年末に設置完了見込みで、初期資本金は5億US$を設定しており、そのうち、ロシア極東開発基金社、中国黄金集団社からそれぞれ1億US$を投入し、残り3億US$は、個人からの投資である。当該ファンドが、主に金、他の有価金属や銅の開発に使用される。現在、中国の投資者は、ロシア鉱業界に対する投資意欲が高まっており、ロシアの億万長者Suleiman Kerimov家族が保有しているロシア最大の黄金企業極地黄金公司(Polyus PJSC社)の10%株式を中国の有名な民間企業である復星集団社に売却し、取引額は約9億US$で、当該取引は2018年に完了する予定。

ページトップへ