閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年12月6日 メキシコ 森元英樹

ドミニカ共和国:採取産業透明性イニシアティブ(EITI)報告書を発表

 2017年11月30日付け業界紙によると、金属鉱業埋蔵量600億US$及び非金属同400億US$と推計されているカリブ海最大の鉱業経済国であるドミニカ共和国は、同国が加盟している採取産業透明性イニシアティブ(EITI)の報告書を発表した。同国エネルギー鉱業大臣のコメントは以下のとおり。
・同報告書と同イニシアティブ・HPは、全ての採取産業からの資金の受領、及び支払われた全ロイヤルティの額、用途を100%公開している。そのため、同情報を閲覧するだけで、透明な情報を得ることが可能である。同産業への市民の関与は、業界を健全な状態に保ち、業界が責任を果たしていくための重要な鍵である。目標は、データベースの永続的な更新にあり、毎年、鉱業に関する新しいレポートを開示できるよう努力する必要がある。
・今回の報告書の特徴として、鉱山企業による法人税、鉱業税、NSR及びボーキサイトの輸出額等を明らかにすること。鉱業コンセッションの認可プロセスの仕組み、法律や規制のあり方、ドミニカ共和国ではどのような天然資源がみつかるかを説明する様々な分野の情報が含まれている。

ページトップへ