閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年12月6日 シドニー 吉川竜太

豪:QLD州議会選挙により、労働党政権が議会の過半数を確保する見込み

 2017年12月1日付の地元メディアは、11月25日に投票が行われ現在集計作業が進められているQLD州議会選挙に関し、同州与党の労働党が47議席以上を獲得し、議会の過半数を確保する見込みであると報じている。QLD州議会は一院制で、報道によると労働党政権が議会で過半数を確保した場合、QLD州政府は今後燃料炭や鉄鉱石産業からの脱却方針を加速させ、石油・ガスプロジェクトの規制強化や、ウラン鉱業及び石炭地下ガス化開発の禁止を進めるであろうと予想されている。

ページトップへ