閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年12月15日 北京 関淳夫

中国:銅陵有色社、粗製錬生産能力20~30%縮小

 現地報道によれば、冬の大気汚染を規制するため、2017年12月1日から、銅陵有色社は、安徽省銅陵市にある主要生産基地の年間生産能力80万tの粗製錬生産能力を20~30%縮小した。現在、具体的な縮小に関するスケジュールは未定。なお、これにより、銅陵有色社の電解銅生産には影響を与えない。同時に粗製錬の生産能力も下げていることから製錬所の銅精鉱長期契約における加工費交渉に関する価格決定に有利になる。

ページトップへ