閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン
2017年12月20日 モスクワ 黒須利彦

カザフスタン:Kazatomprom社、ウラン生産量の削減を発表

 2017年12月4日付の地元報道等によると、国営原子力会社Kazatomprom社(天然ウラン生産の世界大手)は、生産水準を需要量に合わせるため、地下資源利用契約に基づき計画したウラン生産量を20%削減する意向を発表した。この減産は2018年1月から3年間実施される。これにより2018年のカザフスタンのウラン生産量は4,000t減少すると見られ、これは、Ux Consulting社(原子力産業コンサルティング大手)が予想する2018年の世界ウラン生産量の約7.5%に相当する。3年間では約1万1,000tの減産となる。

ページトップへ