閉じる

ニュース・フラッシュ

2017年12月21日 ロンドン ザボロフスキ真幸

南ア:ANCのCyril Ramaphosa新党首、鉱業セクターの膠着状態を解消しなければならないと言及

 2017年12月19日付のメディア報道によると、南アの与党、アフリカ民族会議(ANC)の新党首となったCyril Ramaphosa氏は、南アの鉱業セクターの規制及び変革において継続している膠着状態を緊急に解消する必要があると言及した。南アは世界級の鉱物資源を享受しているが、適切に利用されていない。雇用創出、輸出収入の拡大に繋がる高水準の鉱業探査及び投資を実現し始めなければならないと述べた。さらに、同国の目標として、投資の障害を取り除くことによる経済成長促進、雇用創出、外国人観光客数の増加、幅広い貿易相手に対する輸出拡大、妥当な税の引き上げ及び支出の削減をすることで公共財政を安定させる必要性等を掲げた。同氏は、財政再建の影響を打ち消すための最も確実な方法は、民間セクター投資を増やすことで新たな需要を刺激することであり、我々は民間投資を広げることによって、今後数年間で南アフリカ経済にダイナミズムをもたらすために積極的な措置を取る必要があると述べた。

ページトップへ